○川久保病院では地域の健康づくりに積極的に取り組んでいます。
○経済的格差のない平等な医療をモットーとしており、差額ベッド代は取りません。
○回復期リハビリテーション病棟の在宅復帰率は80%以上です。
○地域の開業医、地域の病院と連携しながら総合的な医療を展開しております。

 盛岡医療生協川久保病院は人口28万人の盛岡市の南部に位置する中小規模の病院です。地域の開業医、地域の病院と連携しながら総合的な医療を展開しております。一般病棟においてはよくある疾患を、早期発見、早期に治療、そして在宅に復帰させるということに力を入れております。回復期リハビリテーションでは急性期病院からほぼ1週間以内に早期の受け入れをしており、ADL改善に力を入れています。在宅復帰率は80%以上と高く、医療生協の中の介護保険事業と連携しながら、在宅においてシームレスなケアを提供しております。
 また、私どもの病院は医療生活協同組合の病院です。病気になって病院に来る方を診療するだけではなく、いつでもどこでも誰もが、親切で良い医療を受けられる、地域全体が丸ごと健康で長生きできるような取り組みに力を入れています。
 1973年の開院当初から、今日に至るまで入院ベッドにおいては、差額ベッド料を一切いただいておりません。経済的格差により医療に格差が持ち込まれてはならないということをモットーに差額診療をせずに今日に至っております。

院長 田村  茂 


施 設 概 要
名 称
盛岡医療生活協同組合 川久保病院
開 設
1973年
所在地
岩手県盛岡市津志田26-30-1
代表者
院長  田村  茂
診療科目
内科・外科・小児科・眼科・リハビリテーション科
歯科・小児歯科・歯科口腔外科
健康診断・人間ドック・各種予防接種
病床数
■一般病棟 60床(個室18床)
■回復期リハ病棟 60床(個室8床)
◎差額室料なし
◎1床当たりの床面積8m2以上
各種指定
保険医療機関
生活保護、原爆被爆者(一般、認定)
盛岡地区2次救急輪番病院
盛岡地区小児救急輪番病院
結核、労災
学会認定
日本家庭医療学会認定 
家庭医療後期研修プログラム
協力型臨床研修指定病院
日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本プライマリケア連合学会認定医研修施設
委託事業
原爆被爆者診断、盛岡市検診
小児慢性特定疾患治療研究事業
駐車場
150台(患者用)
うち車椅子患者駐車場3台(駐輪場完備)
電話番号
代表  019-635-1305
 予約センター  019-635-3985
 健診・人間ドック-のお問合せ  019-635-1489
 歯科 019-635-6215
FAX
019-635-1619

沿  革
1966年(昭和41) 盛岡民主診療所設立
1968年(昭和43) 盛岡医療生活協同組合創立
1973年(昭和48) 1月 川久保病院開設(内科・理療科、53床)
4月 歯科開設、7月 眼科開設、60床の認可
8月 全日本民主医療機関連合会加盟、 12月 66床に増床
1974年(昭和49) 10月 原爆被爆者健診医療機関の指定
1979年(昭和54) 11月 小児科開設
1980年(昭和55) 4月 71床に増床
1981年(昭和56) 6月 外科開設、8月 120床に増床
1987年(昭和62) 4月 理学診療科開設
1996年(平成8) 10月 通所リハビリテーション開設
2003年(平成15) 4月 乳幼児等健康支援デイサービス「虹っ子ケアルーム」開設
2004年(平成16) 川久保病院新築開業
2007年(平成19) 療養病床60床を回復期リハビリ病床に転換
2009年(平成21) 10月 病院機能評価認定
2010年(平成22) 9月 優良特定給食施設 厚生労働大臣表彰受賞
2013年(平成24年) 4月 電子カルテシステム導入
2014年(平成25年) 10月 病院機能評価認定更新